• トップ

歯科は健康維持のために不可欠

キーンという独特のドリル音や、治療中の痛みが嫌でできれば歯科に通いたくないと考える人は子供から大人まで大勢います。しかし歯科に通うと多くのメリットがあるため、積極的に足を運ぶのがおすすめです。例えば歯の寿命を伸ばし、自分の歯で何でも好きなものを食べれる状態を維持するためには定期的に検診を受けて歯の汚れをしっかり取り除き、虫歯や歯周病などを悪化させないことが大切です。それらが悪化すると健康な歯が抜け落ちてしまうなど歯の寿命が著しく低下してしまう恐れが高いため、入れ歯やインプラントなど義歯が必要になるかもしれません。また歯の状態が悪化するとかみ合わせも悪くなり、頭痛や肩こりなど健康トラブルが起こる可能性があります。そして歯周病が悪化すると全身の健康に悪い影響を与えることも医学の進歩から明らかになっているため、歯の寿命を伸ばすために口腔環境を綺麗な状態に維持することは自分の健康を守ることにもつながるため、健康的に年を重ねることができるでしょう。歯科はほとんどが予約を取ってから来院するため、スケジュールを上手に管理して無理のないペースで定期的に検診を受けるように心がけ、歯の寿命を少しでも伸ばす努力をすることが重要です。

↑PAGE TOP