• トップ /
  • 歯科で口腔環境を整える

歯科で歯の健康を維持する

歯科は歯の健康維持のために大切なので、定期的に通うようにしましょう。オーラルケアの基本は歯磨きとうがいであり、多くの方は自宅で実践しているでしょう。毎日歯磨きをすれば口腔環境を整えることができますが、歯科の検診と治療はまだ別物です。歯垢は歯磨きで除去できますが、ステインや歯石は落とせません。ステインはゴシゴシと磨けば落とせますが、研磨剤入りの歯磨き粉を使用すると歯を痛めることになるでしょう。歯の健康維持には歯科を定期的に利用し、自宅でのオーラルケアが間違っていないか再確認することも大切なのです。歯磨きの方法は長く続けるほど、自己流の方法に偏ってくるのが普通です。磨き残しが多くなると口内細菌が増えてしまうので、歯磨きの方法を再度見直していく必要があるでしょう。オーラルケアの基本は歯科の定期検診と自宅でのオーラルケアにあります。歯の健康を維持できれば何歳になっても、元気な身体を維持することができます。噛み合わせによって体調が変化すると言われますが、この話は嘘ではありません。噛み合わせが悪いと消化不良を招き、胃腸への負担が大きくなってしまいます。いつまでも元気な身体を維持するためにも、正しいケアを続けることが大切なのです。

↑PAGE TOP