• トップ /
  • 歯科の麻酔後に気を付ける

歯科の麻酔後に気を付けたいこと

歯科の治療の際に、痛みを感じさせないために麻酔をすることがあります。歯科で麻酔をした後は、感覚が麻痺していることもあり、口の中を間違えて噛んでしまったり、食事をする時に食べ物や飲み物をこぼさないように気を付けることが大切です。また、傷口からの出血が起きやすくなるため、激しい運動やお風呂などは控えるようにし、アルコールなども摂取しないようにしましょう。麻酔を受けたことによって、副作用として、吐き気や眠気、めまいや蕁麻疹などが出る場合もありますので、そのような症状が出た際には医師に相談するようにしましょう。

↑PAGE TOP