• トップ /
  • 歯科の麻酔後に気を付ける

歯科の麻酔後に気を付けたいこと

歯科の治療の際に、痛みを感じさせないために麻酔をすることがあります。歯科で麻酔をした後は、感覚が麻痺していることもあり、口の中を間違えて噛んでしまったり、食事をする時に食べ物や飲み物をこぼさないように気を付けることが大切です。また、傷口からの出血が起きやすくなるため、激しい運動やお風呂などは控えるようにし、アルコールなども摂取しないようにしましょう。麻酔を受けたことによって、副作用として、吐き気や眠気、めまいや蕁麻疹などが出る場合もありますので、そのような症状が出た際には医師に相談するようにしましょう。

上手な歯科医の選び方

腕前の確かな歯科医に診てもらうことは重要なことです。歯医者選びに失敗すると、無駄な料金を支払うことになったり、適切な治療を受けられないおそれがあります。きちんとした歯医者を見つけるのは難しいことですが、腕の良い歯科医は地価の高い場所にクリニックを置く傾向があります。評判の悪い歯医者はお客が入らないので、地代の高い場所で活動することはできません。これに対して評判の良い歯医者は、地価の高いところに拠点を構えて、集客を図る傾向があります。

↑PAGE TOP